2017年8月19日土曜日

ハナビアソビ

あっという間に、朝晩が涼しくなってきました。


北国の夏は、夜空に舞い上がる花火のようにあっという間に終わります。


寝冷えして鼻水が垂れる朝の生活に、また戻ります。


花火の記事、連発ですがこの季節なのでどうかご容赦を(^^ゞ


福田式撮影術、なかなか難しいですが癖になります。
成功かな?と思える写真は総撮影枚数の数パーセント。
今年残りの花火を追いかけて、来年の夏を待ち遠しく思う時期がもうすぐやってきます。

2017年8月8日火曜日

青森花火大会~2017~

この場所から見るのは数年ぶり。
前の写真データを現地まで持っていって、参考にしてみたものの
一致する場所を見つけることができず・・・

・・・・

・・・・

・・・・

そっか

・・・・

・・・・

 木々も成長しているんですね(^^ゞ

イメージしていた市街地とはちょっと違いましたが。



今シーズン、花火をあと何回楽しむことになるやら・・・


2017年8月7日月曜日

青森ねぶた2017

う~ん。
運行中の露光間ズームはやはり難しいです・・・

でも、癖になりそう(^^ゞ

さてさて、本日昼の運行、夜の海上運行をもってフィナーレを迎える青森ねぶた。
なんだかんだで、個人的に今年は思い入れのある祭りになった気がします。

あんなことやら、こんなことやら・・・

昔、ねぶた祭りは嫌いなイベントでした。
学生の時のバイトや、卒業して勤めていた売店での帰り道。
今は見かけることのなくなったワントーンなコーディネイトの方々が
駅前でたむろしていたり、電車の中で騒いだり。
電車の中はそんな光景を怖がった子どもたちが泣きまくったりとか。
阿鼻叫喚とはいかないものの、苦痛でたまらなくて、早く祭りが終わらないかなとか
思っていたものでした。

最近は落ち着いたというか、以前ほどの勢いが無くなったというか
寂しくなったと感じる方も多いといいます。
でも、自分にとってはちょうどいい感じの賑わい加減なのかもしれません。

 ・・・なんて御託はこのくらいにして。
休みの日のこの日はアスパム裏まで出向いてみることに。
この時期に青い海公園にくるのも何年ぶりだろうと。
出陣前の決起大会(多分)に出くわしました。
気分が高まります。

そして。
 撮影スポットを探してブラリブラリ。
いつもと違う場所を歩いたので、新鮮な角度で楽しめました。

露光時間を長くして、勢いをイメージした(つもり)
ちょうどいいシャッタースピードを掴んだあたりで、今年の夜ねぶたが終了して
そしてまた来年には忘れてしまっているという罠・・・(復習意欲ゼロ)

これもシャッタースピードが長め。
開放感がある背景での撮影は、ねぶた小屋やワ・ラッセでは撮ることのできない醍醐味。
沿道で見るとしても、場所が限られているかもしれません。

さて、2017夜ねぶたはこれまで。

夏のイベント、まだまだ楽しみますよ~(^^♪

2017年8月4日金曜日

2017年7月28日金曜日

港まつり 2017 第15回 能代の花火

4年ぶりに、能代の花火を見に行ってきました。

前回の記事はこちらをクリックで御覧ください。
http://daikakuki.blogspot.jp/2013/07/2013.html

撮影機材としてはカメラのボディはkiss x5と変わらずなんですが、
レンズをSIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM にしたのと
ND8フィルターと、黒うちわを今回は常備しました。

当日の22日の秋田県は記録的豪雨。
開催の可否は午前8時に通知ということで朝からモヤモヤしてましたが
「予定通り開催します!」 との知らせに大丈夫かな?と思いながらもせっせと身支度。

いざ始まると、プログラム終了まで雨は一滴も降りませんでした。
恐るべし、能代の花火!










夏、まだまだ頑張りますよ!